希彩日記

2010年6月 5日 土曜日

活性酸素

こんにちは、希彩はり灸院の古屋です。

今回は、活性酸素のお話
近年、よく耳にはしますが、何だか難しそうな名前ですよね。酸素なのか、酸素でないのか。これは、「活性」が付いているのですから、もはや「酸素」ではないのです。

   
 【5月29日 撮影】バラとトルコキキョウ

さて、食事で摂取した糖質が、からだの細胞中のミトコンドリアで、エネルギー物質に変わる時に酸素が使われますが、その時に酸素は活性酸素に変化します。この際、多くの活性酸素は無害な水になりますが、水になりきれなかった活性酸素はからだの中で悪さをするのです。

実は活性酸素は、生命を維持する為になくてはならないもので、免疫システムなど、からだで働く良い面もあります。しかし、余った活性酸素には有害性も多々ありますから、体内には抗酸化酵素と呼ばれる、活性酸素を無害なものにする酵素があるのです。

ところで、活性酸素はどんな悪さをするのでしょうか?

それは、細胞、遺伝子、つまりDNAを傷つけて、からだの色々な機能を低下させ、様々な病気の原因ともいわれています。当然、それはからだにとってよくないことであり、妊娠力も低下します。特に、男性の精子のDNA損傷は不妊症の大きな原因の一つですが、勿論女性にとっても、生殖細胞を傷つけ、老化を早め、生殖能力を低下させるわけですから、卵の質を低下させるだけでなく、妊娠力そのももの低下の大きな原因となります。


しかしながらこの活性酸素、からだの中でエネルギーを作る時にに発生するのですから、生きている以上は発生し続けます。

ですが、大量発生させる原因というものがあるのです。
それは・・・

紫外線や大気汚染、電磁波
喫煙、受動喫煙
過度のアルコール摂取
肥満
過度のストレス
激しい運動
感染症
添加物の摂取
など

つまりこれらは、からだに良くないということ。
そして、妊娠力低下の原因なのです。
これらのほとんどが、別の理由からも、良くないことですよね。

ということは、これらのことを避けたり、控えたり、やらなければ、それが妊娠力を高めることになります

更に、からだの中では活性酸素をやっつける「抗酸化酵素」が作られています。これは、タンパク質と亜鉛、鉄などのミネラルを原料として作られます。
しかし、これも加齢とともに作る能力は低下してしまうのです。
そこで、抗酸化力のあるビタミンや、体内で作られる抗酸化酵素の原料となる良質のタンパク質やミネラルを不足しないよう摂取していかないといけません。それは是非、食事から摂取していきましょう。


ベランダの新しい仲間達。この夏は、朝顔を育てようと思います。

当院の鍼灸治療は体の機能を高め安定させる治療
ですので抗酸化能力も強化できます

妊娠希望の治療は希彩はり灸院


投稿者 希彩はり灸院

カレンダー

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31