希彩日記

2011年8月30日 火曜日

夏の終わりに

こんにちは、希彩はり灸院の古屋です。

8月23日の処暑を過ぎ、特にここ数日の朝晩の涼しさは、秋を思わせるようになりました。処暑とは、二十四節気の1つで、「陽気がとどまる」、つまり暑さが止むという意味です。

日中も、日陰に立てば涼しい風を感じられるようになりました。とはいっても、最高気温は30℃に近く、まだまだ熱中症には気をつけないといけませんね。

さて、今年の夏は節電に追われましたが、治療院の8月電気量明細を見ると、7月を若干下回り、昨年8月と比べると「31%減少」とありました。南側の窓に省エネフィルムを張り、エアコンの温度調節、照明看板の節電など、要因はいくつかありますが、「減らせるもんだなあ」というのが正直な感想です。

8月も明日で終わり。
そして、これからの季節、秋には東洋医学でいう五臓は肺、五悪は寒、五根は鼻、五主は皮膚、五支は息、五変は咳とあるように、これらと関係があるとされています。寒さに当たりやすく、冷え、咳、鼻、呼吸器症状や皮膚症状などが出やすくなります。ぜひ、肌寒さ対策をして、元気に秋を楽しんでください。

先日、京都旅行をした妹からお土産をもらいました。佐々木酒造のお酒「聚楽第」「西陣」「京生粋」など。これから熱燗のおいしい季節です。

他にも、最近のおいしいお酒は、こちら。
  
【日高見 震災復興酒 希望の光】 発酵中の3月11日、東日本大震災で被災したお酒です。被災したにもかかわらず、そのことが偶然においしいお酒を生み出しました。

【あどはだり】 青森県黒石市の中村亀吉の純米酒生原酒。生原酒ということもありますが、冷酒でありながらしっかりとした味わい深いお酒です。季節限定で、今は売切れだそうです。来年、買っちゃうかも。
  
【亀吉】しっかりとした、ぬる燗にしてとてもおいしいお酒。亀吉、とても気に入りました。

  
   【治療院の花】 花屋さんには、リンドウが出始めました

夏バテ、秋バテに体調を整える鍼治療
希彩はり灸院 古屋公久


投稿者 希彩はり灸院

カレンダー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31