希彩日記

2011年10月24日 月曜日

眉間の青筋

こんにちは、希彩はり灸院の古屋です。
今回は、小児はりに纏わる質問から。

Q 『眉間に青筋のある子は、「癇が強い」』って、本当でしょうか?

A 私の見解は、「これは間違い」だと思います。

ここで確認。見えている青筋は、ずばり静脈です。
子供は皮膚が薄いので、よく見えることが多いです。ですから、小児はりを受けに来た癇の強い子も、見えることが多いですね。

五臓に「肝」というのがあり、その五志が「怒」、五色が「」なんです。このこと自体は、診断にとても重要なことなんですが、「眉間の青筋」が何を意味するのかを考える必要があります。

まず、顔面診で肝の変化を診る場所は、「霊枢 五色篇」によれば鼻筋。眉間となると実は別の臓の状態を診ます。ただ、青筋の場所を見たならば、それは子供の小さい顔の中で鼻筋なのかもしれません。が、もしそうだとしても血管の走行による違いではないでしょうか。そして、顔面診で臓の変化を色の変化で診る場合は、もっと面として判断すべきです。(また、赤みの部位や体の状態によっては額など、他の場所に変化が現れることもあります。)

一方で、癇が強い状態というのは気が上がっている状態ですので、血管が怒張し、浮き出ている可能性はあります。
そう、浮き出ているかどうかです。
もちろん、起こっているとき、泣いているときに、普段より浮き出て目立つのは当然でしょう。
そして、気持ちが落ち着いたら治まり、癇が強いのが治ったら薄くなるかもしれません。

ちなみに、疳の虫といった場合、癇が強い(癇癪)を含めた小児神経症のほか、「疳」とは小児の疾病を表す概念ですので、小児の症状全般ともいえます。

   
【今週の花 : 左の写真のバラは、ブラッドオレンジ、いい香りがします。
         右の写真は、アジサイと・・・、忘れてしまいました   】

子供たちの健康のために 昔から受け継がれてきた小児はり
希彩はり灸院 古屋公久

投稿者 希彩はり灸院

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30