希彩日記

2012年2月20日 月曜日

「抗がん剤による腎機能障害」の発表を聞いて

こんにちは、希彩はり灸院の古屋です。

昨日は、所属する東洋はり医学会渋谷支部の勉強会がありました。
ただ、会場がいつもの麻布十番とは違い、青山で行われました。それは知っていたのですが、「青山いきいきプラザ」と「青南いきいきプラザ」を間違えてしまいました。

しかも道に迷い、おまわりさんに2度も尋ねて、やっとたどり着いたかと思えば、間違いだったのです。それでも、なぜかおまわりさんがたくさんいて、助かったというもの。
(昨日は、なにがあったのでしょう?ほんとに多かったですよ、おまわりさん)

青南の職員の方にお聞きし、青山の会場はそこから歩いて5分、とのこと。近くてよかった、それを走って3分に短縮。青南の会場にも走っていったので、今日は大腿(太もも)が筋肉痛です。

昨日の症例報告は、大学の同期でもある友人の発表で、「抗がん剤による腎機能障害」。こうした患者さんというのは、実際とても多いです。明らかに抗がん剤の副作用ですが、はり灸治療によって症状を和らげ、とにかく大切な免疫力を高めることができます。薬によって、かなりの体の負担を強いられている方が多いので、はり灸治療を一段と的確な刺激で行う必要があります。この患者さんも、友人の治療で回復されることを願って止みません。

さて、昨日の昼食をとった、トラットリア、お勧めです。


【誕生日にもらった花】


がん治療の副作用の軽減とがん患者さんのQOLの向上を目指して
経絡治療のはり灸ができることがあります。

希彩はり灸院  古屋公久

投稿者 希彩はり灸院

カレンダー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31