希彩日記

2012年7月31日 火曜日

東洋はり医学会全国指導者研修会

皆さんこんにちは、希彩はり灸院の古屋です。

昨日まで1泊2日で、東洋はり医学会の全国指導者研修会に出席してきました。昨日、お電話くださった方、申し訳ございません。その分、頑張って勉強してきましたよ。

まずは基本刺鍼。術者の手技を、受けてる方の脉を診て指導します。勉強会では欠かせないことなんですが、全国から集まった班員たち。一緒に勉強したことのない先生たちの見解の統一性に安心しました。

そして、証決定。コチラも、互いの見解を検証しあいました。

夜は懇親会。またもや当会に所属する大学の先輩を発見!といっても、別の先輩のご紹介ですが、とても嬉しいことです。一緒においしいお酒をいただきました~


 【朝、宿泊した部屋からの風景】


2日目は脉診。技術には地道な努力が必要ですが、やはりコツやるというもの。今回も収穫がありましたよ。

最後に取穴。取穴は全員問題ありませんでした。今回は、指導法を向上させることが目的であります。実際に鍼をする経穴を取穴する際、そのずれる方向によって、なんとお腹の硬さに偏りが生まれるのです。ずれを知る方法は他にもあるのですが、お腹での判定はなかなかわかりやすいですね。脉だけではなく、この方法でも指導することが可能となります。

そして、最後にお仕事。質問会の司会です。準備もありましたが、当日も仕事、何かはあるんです。質疑応答の司会は初めてでしたので、反省すべきことがいっぱいでした。

今度はうまくやりたいです。

新たな技術は、臨床に直結するものばかりです。患者さんに還元していきたいと思います。
こんな、有意義な2日間でした。


【これは、講評のシーンです】

     
   【7月24日撮影】

東武東上線・有楽町線・副都心線・西武池袋線沿線の広い地域よりお越しいただいております。
自律神経失調症、小児鍼(小児はり)なども、お気軽にご相談下さい。

希彩はり灸院  古屋公久

投稿者 希彩はり灸院

カレンダー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31