希彩日記

2014年3月31日 月曜日

東洋医学 春の風と肝の関係

こんにちは、希彩はり灸院の古屋です。

春の嵐typhoonとはよく言いますが、昨日と今日の風は、ものすごいですね。
熊谷の実家にいた頃は、強風といえば、冬の空っ風「赤城おろし」でした。「かかあ殿下と空っ風」と言って群馬の名物ですが、埼玉県北にも十分届いてきます。冬の毎朝、荒川大橋(全長1kmはあります)を自転車で渡るのに、とても苦労したものですhappy02

さて、春と風というのは、大陸で発達した中国医学においても、大変関係の深いものです。
各季節「春・夏・土用・秋・冬」と関連した五悪「風・暑・飲食労倦・寒・湿」は、からだが健康のバランスを崩した時に外から入り込み、五蔵を襲う五邪となります。

つまり、春には、五蔵のひとつである肝に、風邪(ふうじゃ)が入りやすいものです。
肝は、体の部分でいうと、眼、筋、爪と関係が深く、またその症状が出やすいといわれています。また、ホルモン系統の元締めの役割もあり、肝の働きに異常が起こると、生理痛などの婦人科系の症状が出やすくなります。
ほかにも、よくある症状は、ぎっくり腰や寝違えといった筋肉のトラブル。これらは、単なる筋肉疲労からくることはあまりなく、体の中のアンバランスがあったために引き起こされます。特に、風に当たっても、なりやすいと考えられます。

ですから、何よりも養生が一番!そして、はりが、回復を早めてくれます。

桜、満開です!

    
【近所の神社の桜と、小学校の桜】

板橋区・練馬区・和光市・成増のほか、東武東上線・有楽町線・副都心線・西武池袋線沿線の広い地域よりお越しいただいております。
不妊症治療、逆子、安産治療、自律神経失調症、小児鍼(小児はり)なども、お気軽にご相談下さい。

投稿者 希彩はり灸院

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30