2014.10.17更新

こんにちは、希彩はり灸院の古屋です。

すっかり秋らしくなり、「食欲の秋」とも言われますが、僕も本当におなかがよく空きます。これは、夏よりも気温が下がる時季の方が代謝が上がるためなのですが、カロリー消費はそれだけではなく、日照時間の減少によって少なくなるセロトニンの分泌量を増やすために、糖質、つまりカロリーを夏場よりも消費する必要があるからなのです。

セロトニンの作用の一つは、心のバランスを整えること。うつ病の原因の一つに、セロトニンの減少が関与していると考えられています。セロトニンを増やすためには、主に日光浴、そして糖質のほか、たんぱく質を多く含む食物に含まれているトリプトファンを摂取するためにバランスの良い食事をすること、そしてリズミカルな運動です。

もちろん、食べ過ぎは禁物ですが、旬のものをおいしく食べて楽しく秋を過ごしましょうhappy01
ちなみに、今年も秋刀魚が安くなって、良かったですfish

  
       【治療院の花 : 10月8日撮影】

この時季、食欲がない、元気が出ない、過剰な食欲が止まらないなどありましたら ご相談ください。

希彩はり灸院 古屋公久

投稿者: 制作管理者

entryの検索

ご予約・ご相談はお気軽に

身体のことでお悩みでしたら、板橋区成増にある希彩はり灸院へ。

  • tel_03-5383-0777.png
  • 24時間WEB予約
  • お問い合わせ
staff staff blog