2017.03.29更新

こんにちは、希彩はり灸院の古屋です。
花粉症が真っ盛りな今日、いかがお過ごしでしょうか。

別れの3月の次は、出会いや新環境の始まる4月ですね。治療院のある成増でも桜が開花し、満開が楽しみであり、4月は気持ちの良い季節のイメージがあります。ですが、実は自律神経が乱れやすく、体調を崩しやすい時季なのです。三寒四温とい言われるように、寒暖の差が大きく、自律神経がフル回転して体調を維持しようとしています。それに加えて、新しい環境となれば緊張も増えるでしょう。その結果、心の安定まで働きが及ばずバランスが崩れやすくなります。うつ病の患者さんの症状が悪化するのもこの時季で、以前、桜を観るのも嫌という方がいました。

東洋医学では、2月の立春に始まった春の気も、この4月に旺盛になります。春の性質は「風」になぞらえて、病の症状は変化しやすく、また風そのものが病の原因ともなります。また、ホルモンバランスが崩れやすく、眼や筋肉のトラブルも生じやすいと言われています。

時々、ストレスを認識していない方がいらっしゃいます。しかし、生活する中でストレスゼロという事はありません。客観的に、自分にどんなストレスがかかっているか、また不安要素を認識することで、身体への負担を軽減することができます。特に4月は、意識して自分にかかっているストレスに向き合ってみましょう。

2017.3.23.JPG   2017.3.29.JPG
【治療院の花】

希彩はり灸院 古屋公久

投稿者: 制作管理者

2017.03.09更新

こんにちは、希彩はり灸院の古屋です。

 

3月と言えば、卒業、転勤、引越しなど4月にかけて環境の変化が多い時ですね。我が家の長男も、小学校卒業です。この小学校生活は少年野球を抜きにしては語れないくらい、親としても思い出が一杯です。数々の活躍からみる子供の成長、先日のお別れ試合では、70m超の柵越え初HRを打ってくれました。卒団式は、子供達だけでなく、その父親コーチたちも卒団です。自分にとっても、節目の3月となりました。

 

さて、そんな楽しいはずの野外においても、花粉症の方には辛い状況ですよね。花粉症は、本来害のない花粉に対して大切な免疫システムがうまく働いていないことで起こります。同じ環境にいても、花粉症になる人とならない人がいたり、花粉の飛ぶ量に関係なく、体調で症状が変化することがありますよね。

 

はり灸治療は、人それぞれの体質に合わせた全身治療だからこそ、免疫システムを改善します。

 

だから、花粉症に効くんですね。

 

食事ではビタミン、ミネラルが特に大切です。食生活も見直して、楽しい春をお過ごしください。



2017.3.8_3.JPG

希彩はり灸院 古屋公久

投稿者: 制作管理者

entryの検索

ご予約・ご相談はお気軽に

身体のことでお悩みでしたら、板橋区成増にある希彩はり灸院へ。

  • tel_03-5383-0777.png
  • 24時間WEB予約
  • お問い合わせ
staff staff blog