HOME > 起立性調節障害

起立性調節障害

起立性調節障害

起立性調節障害とは

この病気は成長期、特に小学校高学年から中学生の患者さんが多くいらっしゃいます。医学的にはまだわからないことも多く、成長期に発育が急に早まるため、自律神経のバランスが崩れるからだと考えられています。

立ったり、起き上がるときに血圧が下がってしまい、脳や全身の血流が悪くなると色々な症状が出てきます。以下の症状は、診断基準に含まれています。

  • 1. めまいや立ちくらみになりやすい
  • 2.立っているだけで気分が悪くなったり、酷い時には倒れてしまう
  • 3. 嫌なことを見たり、聞いたりしたり、入浴時は気分が悪くなる
  • 4. 少し動くだけで息が切れたり、動悸になる
  • 5. 朝が起きれず、午前中は体調が優れない
  • 6. 顔色が青ざめている
  • 7. 食欲がわかない
  • 8. 臍疝痛(腹痛)を時々訴える
  • 9. とても疲れやすい
  • 10. 頭痛
  • 11. 乗り物酔いがひどい

そのほか、思考力や集中力の低下、イライラ感などを伴うことも多いものです。
そして、自律神経の1日のリズムも乱れて、朝にやっと起きても活動的になれず、その一方で夕方ごろから活発に動けて夜になっても眠くならず、寝つきが悪くなるなど、睡眠障害に発展することもあります。

こうした症状は、他の病気でも起こることがありますので、専門の医師に相談することも大切です。

当院の起立性調節障害の治療

経絡治療は、心と身体を一緒に回復させていきます。

こうした症状を抱えるお子さんは、治療に消極的なことも多いものです。
経絡治療は、心と身体を一緒に回復させていきます。

また、大きなお子さんでも痛みのないはりでの治療ができますので、お子さんにお話してみてください。