HOME > 逆子のお灸

逆子のお灸

逆子の治療

逆子治療は早期が大事!?

逆子治療
赤ちゃんはお母さんのおなかの中で自由に動き回っていますが、30週くらいから姿勢が決まってきます。そのため、逆子の診断を病院で受けるのは30週あたりが多いようです。そうした患者さんは多くの場合、妊娠32週頃から鍼灸治療を開始されます。

鍼灸の経絡治療では、逆子に関して、赤ちゃんが動きやすい状態、自然体位(頭位といいます)で居心地の良くなる状態を作ってあげます。早くに治療を受ければ、その分、頭位に戻る確率がアップします。

逆子においては、今や通常、帝王切開となり、多くの場合妊娠38週での出産を目安に、その予定を立てられます。もし、逆子だとわかったら安産治療も兼ね備えた逆子の治療にお越しください。

当院の逆子治療

逆子治療
逆子の原因はいくつか可能性が考えられていますが、中でも下腹部の冷えや浅い呼吸などを伴っていることが多いようです。お母さんのからだの状態、働きのアンバランスに対し、鍼灸治療が特に大きな効果を発揮します。もちろん、お腹の張りの改善にも有効です。

当院の経絡治療では、おなかが柔らかく、赤ちゃんが動くスペースを作り、血流を改善するなど、赤ちゃんが回りやすい環境を整えていきます。そのためにはお灸をする前に、よく診察をして体質に合わせて妊婦さんにもより安心な接触のみのはりや棒状のものでツボ治療をします。この治療のおかげで、逆子が頭位に戻るだけでなく、お母さんの健康にもよい効果があります。このはりによるツボ治療は、逆子の治療でとても大切なものです。下記のお灸だけではありませんので、ご了承くださいね

また、体質によって足にある至陰、三陰交というツボへの灸も補助的に治療の後半に行います。このツボへのお灸で、脚やお腹がさらに温かくなり、赤ちゃんがより良く動きはじめますよ。

さて、逆子かどうかは検診でわかるので、病院の医師や助産師さんに直る方法を相談されることが多いと思います。そこで、鍼灸治療を勧められることがあります。またはご自分で調べて、鍼灸治療の有効性を知る方も多いです。

はり治療は治療院でないとできませんが、お灸治療は比較的手軽で自宅でもできると思います。しかし、まずは是非、鍼灸師にご相談下さい。

ツボにお灸を据えるといっても、生きたツボの位置、すえる数、順番など、確認することがあります。特に、指圧や熱いお灸は自己判断で行わないでくださいね。良い治療法も、やりようによっては毒となる、というものです。

あとは、ストレスや疲れをためないで、緊張を解くよう心掛けてください。特に、わき腹や背中が凝っている方が多いので、無理のないストレッチも効果的ですよ。

【お知らせ】院長は、麻疹風疹混合ワクチン(MRワクチン)を接種していますので、ご安心ください。