HOME > 小児はり

小児はり

小児はり
お子さまのこんな症状を改善します
「疳の虫(かんのむし)」という言葉があります。
よく泣く、奇声を発する、かんしゃくを起こす、噛み付く、爪を噛む、ストレスが原因の指しゃぶり、落ち着きのなさ、過食、一時的な発熱や嘔吐、食欲不振、下痢、鼻づまり、咳、風邪を引きやすいなど、小児に現れる多くの症状を、東洋医学ではすべて「疳の虫」ととらえています。
こうした症状に効果を発揮するのが、小児はりです。

おねしょ、小児ぜんそく、アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、起立性調節障害、発達障害、トゥレット症候群、自閉症、チック症、アスペルガー症候群などによる症状にも効果があります。

赤ちゃんだからこんなことに気をつけます

当院の小児はりは乳幼児から治療が可能です。

抱っこでの治療が必要な場合や、ベッドでは動いてしまうといった場合には、キッズスペースにお布団を敷いて治療します。

いくら痛くなくても、初めて会って治療者に触れられるのは不安なもの。時には泣いて嫌がる子もいますが、基本的には押さえつけずに治療します。どうしても同じ姿勢を保ってほしい時には、保護者の方のご協力をお願いします。

治療者が力んでしまうと良い治療ができないんですね。こちらが積極的に押さえることはしませんので、ご了承ください。

当院の小児はり治療

なでる・当てるはりを使います。 刺すはりは使いません。 小児はり治療
なでる・当てるはりを使います。
刺すはりは使いません。


基本的な考え方は大人の治療と同じですが、小児は生命力が湧き上がり、常に発育しています。そのため病気が発症しやすく症状の変化も起こりやすいのですが、回復もしやすいのです。

少し治療しただけで効果が現れやすいため、治療時間は5分から10分程度と短く、はりも触れるだけ・なでるだけという弱い刺激で充分なのです。

身体のバランスを整え、気をめぐらすことで、自然治癒力が高まり、さまざまな症状が改善します。また、発育不全のお子さんにも健やかな成長を期待することができます。

子供は大人に比べて、変化が速いので、多くのお子さんは週に2回のペースで治療しています。

小児はり治療の流れ

幼児編
始めに、気になっている症状に合わせて、普段の様子など問診を 致します。

始めに、気になっている症状に合わせて、普段の様子など問診を 致します。
そのあと、ベッドで寝ていられるお子さんは、治療ベッド に寝ていただき、触診の開始です。
写真は、手首の脉を診ているところです。

治療方針の「証」に合わせて、ツボに鍼を当てたり、皮膚をなでたり します。

治療方針の「証」に合わせて、
ツボに鍼を当てたり、皮膚をなでたりします。

写真は、おなかのツボにはりを当てているところです。

手元の拡大写真です。

手元の拡大写真です。

背中も診ます。

背中も診ます。

反応のあるところにはりを当て、
頭の方から腰まで、 全体をなでます。

乳児編
問診

問診のあと、ベッドでは動いてしまったり、
抱っこの必要なお子さんは、
キッズスペースに布団を敷いて治療します。

小さいお子さんも脉を診ます。 ただ、大人の方や幼児のお子さんのよう に、細かい比較はしないで、脉状を中心に診ます。

治療方針の「証」を立てて、体質に合わせた治療をします。

写真は、脉を診ているところです。

主に布団の上で治療しますが、お父さん、お母さんに抱っこしていただく ことも出来ます。 写真は、足のツボにはりを当てているところです。

主に布団の上で治療しますが、お父さん、お母さんに抱っこしていただく ことも出来ます。

写真は、足のツボにはりを当てているところです。

おなかに、はりを当てているところです。

おなかに、はりを当てているところです。

背中も、はりを当てたり、スースーとなでたりします。

背中も、はりを当てたり、スースーとなでたりします。

痛みは全くありませんよ。慣れたらご覧の通りです。

痛みは全くありませんよ。
慣れたらご覧の通りです。