HOME > 自律神経失調症

自律神経失調症


こんな症状は自律神経失調症では
「なんとなく不調」という症状が、実は自律神経の失調により起こっていることは多いのです。

たとえば、肩こりや頭痛、眼精疲労。集中した時だけでなく、日常的にこうした症状があったら、自律神経が乱れているのかもしれません。めまいや立ちくらみ、耳鳴り、息苦しさ、生理不順、下痢、便秘、頻尿、むくみ、ED、喉の異物感、食欲不振など、他にも自律神経が失調して起こる症状は多岐にわたります。
「うつ」に似た症状を引き起こすこともありますので、なんだか調子が悪いと感じたら、早めに治療を受けられることをおすすめします。

自律神経失調症とはり灸治療

自律神経失調症の治療
ストレスを受けると、自律神経は一定の状態に身体を維持しようと働きます。暑さ・寒さといったものも、自律神経にとっては大きなストレスになります。内臓の働き、血管の拡張や収縮、ホルモンの分泌など、自律神経はすべての器官を調整しています。

自律神経にはアクセルとブレーキのように働く「交感神経」「副交感神経」があって、どんな時でも身体がバランスよく機能するよう調整しているのです。
この自律神経は、過度なストレスにさらされるとバランスを崩してしまいます。
これが自律神経失調症です。

西洋医学では、自律神経失調症について明確な定義や概念がまとまっておらず、暫定的に扱っているのが現状です。ですから、「症状があるのに、検査では異常がない」とされてしまい、根本的な治療は難しいのです。

ハリや灸を使った経絡治療では、症状を抑えるだけでなく、自律神経をはじめとするお身体全体のバランスを整える治療を行います。おひとりおひとりの症状や体質に合わせたオーダーメイドの治療を行い、体質を改善していくので、心身ともに効果があり、自然なかたちで健やかなお身体を取り戻していくことができます。

当院の自律神経失調症の治療

自律神経失調症の治療
はりを中心に灸を補助的に使って経絡治療で丁寧にしっかり治療していくことで、個々の症状だけでなく全身の働きのバランスを整えます。

症状や状態、経過などにより治療回数や期間は異なります。

症状が治らないでずっと続いているのは、今持っている治る力の限界を超えしまっている状態です。そんな時、急にすごく治そうとすることは、車で言えば、アクセル全開、急発進。そんな治療では弱った体に余計に負担がかかり、かえって体力がなくなって治りにくくなってしまいます。

そうならない為に、少ない体力を少しずつ使って、負担をかけず体の中がゆっくり動き始めるように治療します。止まっていた何かが動き始めたことをすぐに感じる事もあれば、時には始めの数回はあまり変わった感じがしないで、ご期待と違うかも知れません。しかし、ゆっくりでも進んでいけば、きっと効果は出てきますよ。その効果が途切れない様、鍼治療の影響が消えないように定期的にお越しください。

さらに、症状や体質によって、生活環境に関するアドバイスなども行います。温かいものを飲むようにしただけで、大きな効果が現れる場合もありますので、気軽にできることからはじめてみてください。