HOME > 妊娠中のはり灸

妊娠中のはり灸

妊娠中の辛い症状どうしたらいいの?

当院では、刺激の少ない接触鍼で、経絡治療による妊娠中のはり灸治療が可能です。

妊婦さんのからだは早いペースで変わり続け、まさに四季が移りゆくように体の中が変化します。妊娠中は、初期のつわり、そして腰痛、むくみ、便秘、頻尿など、比較的多い症状のほかにも、色々な症状が現れやすくなります。

しかしながら、病院でも薬の治療は制限され、マッサージや多くの鍼灸院が妊娠中の治療を受け付けていないのが実情です。
妊娠中のいろいろな症状
初期に多いつわりですが、その吐き気が妊娠後期まで続く方もいらっしゃいます。それも、おなかがすくと気持ち悪かったり、食べると気持ち悪くなるなど、人によって様々です。ほかにも、顔のほてり、多汗、冷えのぼせの症状、息がしずらかったり動悸、肌荒れ・かゆみ・でき物といった皮膚の症状、むくみや便秘、頻尿といった水分代謝のかかわる症状、腰痛・恥骨痛・股関節痛などからだの痛み、時には逆子のこともあるかもしれません。そして、マタニティブルーといわれる、不安感や焦燥感など精神的な症状を抱えている方も多くいらっしゃいます。

当院の妊娠中のはり灸治療

中国で生まれた鍼灸は、飛鳥時代に日本に伝来し、日本らしい進化を遂げてきました。刺激の強い部分治療の現代鍼灸が存在する中、その日本らしい鍼灸は、今でも中国の医学古典に基づいています。その治療の一つが、当院が専門とする経絡治療です。妊娠中のデリケートなお体に合わせて、痛みを伴わない接触鍼によって、妊娠の可能性のあるときから、妊娠初期を含め妊娠中の諸症状の改善と体調管理が可能です。

負担のかからないように、仰向けでは背中にクッションを置いたり、横向けでなるべくスピーディーに治療いたします。

症状をお聞きし、ツボの状態や腹診、脉診などの診察を通して体質を把握してから治療します。おひとりおひとりに合ったツボと刺激の少ない接触鍼で効率よく治療していくので安心です。

妊娠中のはり灸治療により、おなかの赤ちゃんも元気になります。そして、赤ちゃんが元気に生まれ、お母さんの産後の順調な肥立ちも期待できます。

【お知らせ】 院長は、麻疹風疹混合ワクチン(MRワクチン)を接種していますので、ご安心ください。