2011.10.11更新

こんにちは、希彩はり灸院の古屋です。

先日の日曜日、10月9日は、二十四節気のひとつ、「寒露」でした。
暦便覧という書物には、「陰寒の気に合って、露むすび凝らんとすれば也」とあり、冷たい露が結ばれる頃です。

そういえばニュースでは、北国や山間部の初冠雪や初霜、初氷といった季節の便りを耳にしましたね。このあたりでも、朝晩、屋外駐車場の車に結露してるのを見て、「もう、そんな季節なんだね。」と感じている今日この頃です。

この連休はというと、妻は仕事だったので、子供2人を連れて、熊谷の実家へ泊まりで行ってきました。初日は、妹親子と、母校の小学校の近くでザリガニ捕りやどんぐりを拾い、時折母校に目をやり、懐かしんできました。体育館が建て替えられたり、変わったところはありますが、同じ場所に同じ遊具が今も残っていました

翌日は、父も一緒に隣町の農林公園へ行き、夏とは違うやさしくなった日差しを感じながら、子供たちと遊んできました。

整備された道は増えましたが、故郷には昔と変わらない自然が、今もほぼそのまま残っています

   
      【9月27日撮影 : クルクマ と リンドウ】

お父さんお母さんお子さんも、家族みんなが受けられる痛くない鍼治療
希彩はり灸院 古屋公久

投稿者: 制作管理者

entryの検索

ご予約・ご相談はお気軽に

身体のことでお悩みでしたら、板橋区成増にある希彩はり灸院へ。

  • tel_03-5383-0777.png
  • 24時間WEB予約
  • お問い合わせ
staff staff blog