2015.03.30更新

こんにちは、希彩はり灸院の古屋です。

東京近郊では桜が開花し、連日の暖かい陽気で満開のところも出てきました。今日、治療院の近くの成増公園の桜を観てきたら、8から9分咲きといったところでしょうか。明日には満開かも知れませんね。



さて、スポーツ障害といえば、もちろん、スポーツをしているときや運動をしたために体のどこかが痛くなったり、充分な機能をはたせないものをいいます。短期間の休養で回復するものもあれば、数週間から数か月続くものもあります。転んで膝をを痛めたり、手をついて肩を痛めたり、急に走って太ももを痛めたり、いつもより走る距離を増やしたら膝の外側が痛くなったり、そんな痛み方をしてなかなか治らないものがあります。

「あんなことで?」とご本人でさえ不思議に思うようなこともありますよね。それが、なかなか治らなければなお更です。こうした痛みは、直接の原因はきっかけに過ぎず、すでに出来上がっていた「体の中のゆがみ・アンバランス」、当院の鍼灸治療でいう「経絡の変動」があったと考えられます。

鍼灸治療の中でも経絡治療は、経絡の変動を治すことで、それまでは修復に時間のかかった自然治癒力を高め、痛いところを早く修復させることができます。

また、激痛を伴う初期は安静が必要ですが、痛みの軽減に合わせて早期から動かすことをお勧めしています。そうすることで、めぐりを良くし、筋力低下や筋肉の硬縮を予防することで早い復帰を促します。

一度の治療で、修復が完了することもありますが、痛みが続くうちは治療を重ねていくと効率よく治っていきますよ。

スポーツ障害には鍼灸の経絡治療がお勧めです 希彩はり灸院

投稿者: 制作管理者

2015.03.02更新

こんにちは、希彩はり灸院の古屋です。

3月になり、日差しの暖かさを感じられるようになりましたが、まだ寒さが続きますね。そんななか、3月は卒業や転勤、引っ越しの季節だと思います。娘も、いよいよ保育園を卒園し、来月から小学生です。少し前には、卒園を意識してか、甘えん坊の時期がありましたが、ここ最近はまた落ち着いたように思います。小学校には、兄がいるし、グラウンドには野球で毎週のように行って、庭のようなもの。親も、上の子の時より安心していられますね。

さて、過去(2014年3月24日付)の記事で、「赤ちゃんの脳、タッチで発達 京大大学院准教授ら解明」というのがありました。
以下、抜粋。
--------------------------------------------------------------------
生まれたばかりの赤ちゃんは物と触れた時に脳の活動が活性化することを、京都大大学院教育学研究科の明和政子准教授(発達科学)らが突き止めた。触覚の刺激が脳の発達に深く関わっていると考えられる。

 明和准教授は島津製作所(京都市)と共同で、赤ちゃんの脳活動を測定できる帽子型のオリジナル装置を開発。生後数日の10人にかぶせて実験を行った。

 眠っている赤ちゃんの聴覚(音楽や声を聴かせる)▽視覚(光を当てる)▽触覚(手に振動を感じさせる)-を刺激し、脳の活動状況を示す血液中の酸素濃度 を計測した。その結果、聴覚と視覚刺激では脳の活動は一部のみだったが、触覚刺激では広範囲で酸素濃度の上昇がみられた。

 明和准教授は「赤ちゃんの脳は活動することで未熟な状態から発達する。体に触れる刺激が最も脳を活性化させるのでは」と話している。
---------------------------------------------------------------------
これまでにも、皮膚は「第三の脳」と提言されたように、独自のメカニズムを持っていることや、発生学的に考えても皮膚(表皮)は神経系や感覚器と出所が同じということがあります。また、心理学の分野でも、研究が進んでいるところです。



参考文献:「第三の脳」 傳田光洋 著
       「子供の『脳』は肌にある」 山口創 著

興味のある方は、是非読んでみてください。

鍼灸も、皮膚に対して痛みはおろか、触れたことも感じないくらいの刺激で、局所に限らず身体全体に影響します。研究に照らし合わせると、その皮膚刺激は脳へ伝わるとともに、もし意識では感じられなくても、真っ先に皮膚レベルで生理作用を変化させて治療効果が生まれると考えられますねhappy01

そして、子供たちといっぱいスキンシップを図りたいと思います。

  
     【2月25日 撮影】

幼児の夜泣き・癇癪、学生のいろいろな症状に 
小児はり 経絡を整える鍼灸治療
希彩はり灸院

投稿者: 制作管理者

2015.01.05更新

新年 明けましておめでとうございます
本年も 宜しくお願い申し上げます

皆様、この年末年始はいかがお過ごしだったでしょうか。新しい年が明けて早くも1月5日、治療院は今日から年明けの診療が始まりました。

休み中は、掃除、買い物、帰省など、何かとやることがあり、あっという間の1週間でした。そんな中、毎日子供と野球baseballの練習をしたため、一昨日から右肩が投球動作やある角度で痛みが出るようになり、肩を休めているところです。余計な力が入り、フォームが良くないんですね。野球を始めて1年、意識して力を抜くことや、自然なフォームでの投球練習という目標はもうしばらく続きそうです。また、子供とやっているとつい、無理をしてしまいますね。ちなみに、はり治療の施術には全く支障ありませんので、ご安心くださいhappy01

こんな時、まずは、原因となったことの回数を減らすこと、休むことが出来たらベストです。そして、肩なら、背中から手首まで広い範囲で筋肉をほぐすようにします。決して強く揉まないことがコツですね。続けて全身のストレッチが出来ればベターです。痛みが強いうちは、肩こりや背中が凝ったり、しびれるような感じがすることもあります。心配の中にも、こうしたことを知っていると安心ですね。

鍼治療は、もちろん体質に合わせて回復力を高めたら、痛いところもさることらがら、鎖骨の上側に微弱な刺激で施術すると効果的です。

無理を続けると慢性化しやすいので気をつけたいものですね。

皆さんも、スポーツ障害や、日常のオーバーユースによる使痛みがありましたらご相談ください。


【治療院のシクラメン】

希彩はり灸院 古屋公久

投稿者: 制作管理者

2014.12.01更新

皆さんこんにちは、希彩はり灸院の古屋です。

今日から12月、今年もいよいよあとわずか1か月となりました。東京では、紅葉がまだ見頃のところもありますが、クリスマスのイルミネーション、お歳暮、年賀状の準備など、年末特有の忙しさが感じられますね。

さて、今回は臨床の現場からお話ししたいと思います。

患者さんの訴えの中でもとても多い症状のひとつ、背中や腰の痛み。初めはこり感だけだったものが、ほぐれることなく張り続けて、痛くなってしまうこともよくあります。

たとえば、30歳代の男性の患者さん。数か月前にはぎっくり腰を起こしていて、激痛が1か月も続いたそうです。来院時にも、その左腰の違和感と、右肩から背中、腰までが張り、痛みを伴っていました。

経絡治療の診察手順で進めていく中、特徴的だったのが腹診したおなかの状態です。おへその少し下から下腹部(腎の診所)がベコッと力無く窪んでいて、一方おへそから上(脾の診所)はポッコリと膨らみ、みぞおちは凹んではいるが、どちらも硬くなっていました。そして、肋骨の際も左に比べて右側(肺の診所)がカサつきもあり、東洋医学でいう気が虚した状態でした。このおなかの状態は、腎虚証を現わしていて、脉診の結果や、ツボの状態とも一致していました。

「腎」とは、成長発育を助け、人が元気に生活するために必要な、基本となるものです。骨や耳、髪、水分代謝、生殖などと関係があり、腎の気が流れる腎経が変動すると、これらの症状や、腰痛、下肢の冷え、立ちくらみ、怖がりなど、様々な症状が考えられます。

この、腎虚証に合わせた治療をすることで、背中と腰のはりと痛みを治す力がつくので、患部を触らなくても症状が改善。続けて、症状に合わせて患部にもはりをしました。鍼治療後、こちらも驚くほど張りが緩み、患者さんも、「軽くなった!」と喜んでいました。

2週間後、腰に違和感が再び現れたので来院しましたが、この間、だいぶ調子が良かったそうです。

みなさんも、秋から寒い冬にかけてご用心くださいね。

  
     【治療院の花】

痛みの治療はもちろん、疲れやすいなどの全身症状もご相談ください

     希彩はり灸院 古屋公久

投稿者: 制作管理者

2014.10.17更新

こんにちは、希彩はり灸院の古屋です。

すっかり秋らしくなり、「食欲の秋」とも言われますが、僕も本当におなかがよく空きます。これは、夏よりも気温が下がる時季の方が代謝が上がるためなのですが、カロリー消費はそれだけではなく、日照時間の減少によって少なくなるセロトニンの分泌量を増やすために、糖質、つまりカロリーを夏場よりも消費する必要があるからなのです。

セロトニンの作用の一つは、心のバランスを整えること。うつ病の原因の一つに、セロトニンの減少が関与していると考えられています。セロトニンを増やすためには、主に日光浴、そして糖質のほか、たんぱく質を多く含む食物に含まれているトリプトファンを摂取するためにバランスの良い食事をすること、そしてリズミカルな運動です。

もちろん、食べ過ぎは禁物ですが、旬のものをおいしく食べて楽しく秋を過ごしましょうhappy01
ちなみに、今年も秋刀魚が安くなって、良かったですfish

  
       【治療院の花 : 10月8日撮影】

この時季、食欲がない、元気が出ない、過剰な食欲が止まらないなどありましたら ご相談ください。

希彩はり灸院 古屋公久

投稿者: 制作管理者

2014.10.01更新

皆さんこんにちは、希彩はり灸院の古屋です。

今日から10月、めっきり涼しくなりましたね。「〇〇な秋」mapleとよく言われますが、ひとつは運動の秋。
ということで、先日は小学校の運動会がありました。少年野球チームでは、伝統の場所取りの為、コーチ陣が夜明け前から校門前に並びます。4時前に到着すると、すでに3人のコーチが来ていました。その後も続々と集まり、確保したい広さに見合った心強い人数に、すごい団結力です!

そして夜も明け、いよいよ7時半の開門に合わせて先生のカウントダウン、笛に合わせて猛ダーッシュ!!
といいたいところですが、長い時間座っていたので、監督の心配通り、ひそかに足がもつれそうでしたcoldsweats01
けど、無事に目当ての場所を確保できましたよhappy02

今年は自分の子だけでなく、チームの子供たちの徒競走、演技、組体操など全てを大勢で応援できたので、いつも以上に楽しい運動会でした。

  
         【治療室の花 9月18日撮影】

「運動障害、スポーツ障害にも鍼灸治療はよく効きます」

希彩はり灸院 古屋公久

投稿者: 制作管理者

2014.08.29更新

こんにちは、希彩はり灸院の古屋です。

一気に秋を感じさせる気候となりましたが、みなさん体調はいかがでしょうか。

秋といえば、運動の秋、食欲の秋、読書の秋など、過ごしやすい季節ですね。そう、音楽の秋とも言われます。治療中、音楽CDをかけていて、患者さんでお気づきの方もいらっしゃると思いますが、ほとんどモーツァルトをかけています。クラッシックはほかにも好きなものもあるのですが、治療しやすいのがどうもモーツァルトなんです。「モーツァルト効果」のように聞くだけで賢くなれるとは思えませんが、副交感神経を刺激して心身ともに落ち着き、ストレスホルモン値を下げる効果もあるそうです。

モーツァルトの音楽性はいくつかの要素を含んでいますが、メロディーの反復性という点では、子育てに子守唄もいいそうです。そういえば、子供が小さいとき、「ねんねんころ~り~よ~♪」って、ずっと歌っていたものです。コロッと寝ていましたconfident

一方で、演奏したり、体を動かして音楽を楽しむリトミックなどは、音楽の能力を高めるだけでなく、コミュニケーション能力や感情のコントロール能力を高める効果があるようです。

来週はまた、残暑が戻るようですが、素敵な秋をお過ごしください。

  
       【治療室の花 : 8月27日撮影】

安心して治療を受けていただけるよう心がけています。

板橋区成増 希彩はり灸院 古屋公久

投稿者: 制作管理者

2014.08.01更新

みなさん、こんにちは。希彩はり灸院の古屋です。

先日の7月27日(日)~28日(月)と休診にさせていただき、私の所属する東洋はり医学会の第10回国際指導者研修会に出席してきました。

今回のテーマは、「証決定における切診の技術向上」です。
切診とは、切経・腹診・脉診といった、皆さんが思う触診のことです。

当院が行っている経絡治療は、病体を気と血の変化としてとらえることから始まります。中でも、気というものはとても変化しやすくて、診察中にも反応が変わってしまうこともあります。ですから、こちらの気が、患者さんの気の状態を邪魔しないように診察していきます。

今回、収穫できたことは、技術向上はもちろんですが、より遠くから患者さんの全体像を把握することです。見えないくらいのところから伺い知る診察を望診といいますが、実際に遠くから眺めるのではなくて、切診は手の届く距離で診ます。

あるレベルのものを修得すると、さらに上のものが見えてくるようですhappy01

  
      【治療室の花 : 7月15日 撮影】

患者さんの全体像を診る経絡治療 希彩はり灸院 古屋公久

投稿者: 制作管理者

2014.06.30更新

こんにちは、希彩はり灸院の古屋です。

「10年以上前から身体に熱がこもってしまい、夏はいつも身体がだるくて疲れやすいです。」

40歳代女性の患者さんから、こんなご相談を頂きました。

こうした症状の患者さんは、決して稀ではなく、時々いらっしゃいます。
東洋医学の理論と臨床経験から、この患者さんにも経絡治療の鍼灸が有効かと思います。

実は、治療に並行して、ご自身でもできることがあるのです。

あくまで無理をせずにですが、代謝をよくして汗をかくことですcoldsweats01
おふろで湯船につかり、汗をかく練習がとても効果があります。
腕もひじから先をお湯につけるようにして、お尻が底について肘がつかるくらいが、上半身の深さです。

今の季節はまだいいかもしれませんが、お風呂から出た後は、体の表面を急に冷やさず、自然に熱を冷ますのがコツです。
これからの季節、と思いきや、すでに寝るときに冷房をかけている方もいらっしゃいますが、お風呂上りに冷房で対応していては身体に熱がこもる体質は治りません。

この患者さんと同じような症状に心当たりのある方は是非、真夏に向けて、入浴法の改善と、治療を始めてみてはいかがでしょうかhappy01

  
    【今日の花:初夏の装いです】

熱がこもる体質改善、これからの季節の熱中症予防にも
経絡治療の希彩はり灸院 古屋公久

投稿者: 制作管理者

2014.06.03更新

こんにちは、希彩はり灸院の古屋です。

木の芽時budも過ぎ去り、早くも猛暑日sunを迎える季節となりました。みなさん、いい汗かけていますか?

週末の、子供と一緒に参加している野球でバテない為に、最近、朝に走っています(少しですがcoldsweats01 )まだ、しょっぱい汗をかいてしまいます。昨年の真夏にはサラッとしたほとんど無味な汗をかいていたのに、からだはまだ完全には夏対応になっていないのですね。

しょっぱい汗は、ミネラルを含んでいて、この時水だけを飲むと、血中のミネラルの濃度を下げてしまいます。そうならない為に、健康な体では、さらに水っぽい汗をかいて、必要な濃度を保とうとします。
水だけ飲んでいて、涼んでいても汗が出続けたり、だるかったりする場合、ミネラル不足が原因かも知れません。スポーツドリンクが効果的ですよ。

最近になって朝のだるさを感じる方も、脱水症状かもしれません。
朝、まずはぬるま湯1杯。これで、胃腸も動き出して、一石二鳥です!!

汗をかけない方は無理をせずに、室温対策をしてください。
ご自分の体質に合わせた熱中症対策をしっかりしてお過ごしくださいね。

  
【治療院の花 : 5月12日撮影】

熱中症は、東洋医学では「暑気中り」といいます
暑気中りになりにくいからだ作りに
経絡治療の希彩はり灸院 古屋公久

投稿者: 制作管理者

前へ 前へ

entryの検索

月別ブログ記事一覧

ご予約・ご相談はお気軽に

身体のことでお悩みでしたら、板橋区成増にある希彩はり灸院へ。

  • tel_03-5383-0777.png
  • 24時間WEB予約
  • お問い合わせ
staff staff blog